講師紹介

田中 麻里 (MARI TANAKA)

3歳からピアノを始める。幼少の頃より様々なコンクールに出場、賞を得る。
くらしき作陽大学音楽学部音楽学科ピアノ科へ進み、2年目から卒業するまで特待生として様々なイベントに出演。
卒業後、同大学音楽専攻科修了。
卒業演奏会をはじめ、中四国新人演奏会、関西地区新人演奏会(よんよんコンサート)等、様々なコンサートに出演。全四国音楽コンクール入賞。卒業後は2度渡欧し、ウィーンにてマスタークラスを受講する。アレキサンダー・イエンナ氏、ヤン・ゴートリップ・イラチェック氏に師事。
その後も、自身のソロリサイタルに加え、国内のコンクールやオーディション等の伴奏ピアニストとしても活動。
NHK交響楽団メンバーや、ベルリン放送交響楽団メンバー等、その他国内外の様々なアーティストとも共演。
2014年には、ウィーン楽友協会大ホールにてニューイヤーコーラスコンサートの伴奏者として出演。
これまで、藤岡重美、宮岡幸子、渡辺陽子、山崎孝、岡陽子、長山いづみ、平井修二の各氏に師事。

現在は、くらしき作陽大学子ども教育学部非常勤講師、新倉敷ピアノ店講師を勤め、MARI♪Piano Salon♪主催。
その傍ら、コンクールやオーディションの審査員なども勤め、倉敷と愛媛を行き来しながら、ソロやアンサンブルで演奏活動を続けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

以下の写真は、ほんの思い出の一部から♪

 

思い出の写真たち・・・

初めてのピアノ発表会♪
クリックで画像表示

初めてのピアノ発表会♪

いつからどうやってピアノを弾けるようになったのか、まったく覚えていません。。笑
初めてのピアノの発表会。

何を弾いたのでしょう・・・?覚えていません・・・(^-^;

集合写真♪
クリックで画像表示

集合写真♪

この時、子犬のワルツをとっても上手に弾いてた近所のお兄ちゃん・・・
憧れの存在だったなぁ。。

その後の発表会♪
クリックで画像表示

その後の発表会♪

初めてのピアノ発表会から、少し大人に( ^ω^)・・・
こうして振り返ると、とても懐かしい気持ちとともに、ずっと続けてこられたことに改めて感謝の気持ちでいっぱいになります。

さらに成長して・・・
クリックで画像表示

さらに成長して・・・

そして、小学6年生の時、憧れの子犬のワルツを弾いたのです。
最後のスケール、リハではうまくいったのに~!!
って思ったのを覚えてます。笑
 

そして、一気に大人のシーンへ。
クリックで画像表示

そして、一気に大人のシーンへ。

ウィーンの、ベーゼンドルファーザール。
この旅は、私にとってかけがえのない大切な時間となりました。

2015年、初めてのウィーンへでのマスタークラスにて。

アレキサンダー・イェンナ先生と
クリックで画像表示

アレキサンダー・イェンナ先生と

その時に師事した先生と。
的確なアドバイスとおおらかな人柄で、とても深いレッスンをしてくださいました。
この時の受講生はたったの4名。
少なかったことが幸いして、みんなでとても仲良くなれた旅でした。

学ぶ側から、教える側へ・・・
クリックで画像表示

学ぶ側から、教える側へ・・・

いろんな方々とご縁をいただき、合同発表会をさせていただいたり、伴奏でも出演させて頂いたり・・・
現在、倉敷では毎年8月に合同発表会を行っています♪

大学生たちとも・・・
クリックで画像表示

大学生たちとも・・・

 倉敷での大きな出会いの一つに、大学生との出会いがあります。
母校でピアノ指導をさせて頂ける幸せを嚙み締めつつ、採用試験を控える学生と奮闘したり、ときにはお酒を飲んで他愛のない話をしたり・・・
最後の実技試験や謝恩会は、感動のシーンでもあります。

こんなうれしい贈り物も♡
クリックで画像表示

こんなうれしい贈り物も♡

 「先生、女子会しましょう!」と、女子って年齢でもない私をいつも誘ってくれた学生たち・・・

最後に頂いたときは、感極まって号泣でした。

サプライズの贈り物。
クリックで画像表示

サプライズの贈り物。

 そんな恒例の飲み会では、お祝いしてもらったり・・・
載せきれない思い出がたくさんあります。

母と・・・
クリックで画像表示

母と・・・

 卒業後、初めての故郷でのコンサート出演にて、母と。
いつも温かく見守ってくれたおかげで今があります。

親ってすごいです。

 
 
ホームページ作成方法